賃貸物件の場合における給湯器の水漏れトラブルの責任の所在

もし賃貸物件で給湯器の水漏れが発生した場合は、誰の責任になるかは気になるところでしょう。特に被害を拡大した場合においては他人を巻き込む可能性もあります。ケースによって責任の所在が変わることを覚えておいた方がよいでしょう。

■原因によって異なる責任

水漏れの原因が経年劣化の場合、修理にかかる費用はオーナーもしくは管理組合が負担する事になります。しかし、使用上の過失のケースでは、借主が修理費を負担する事になります。しかし、分譲マンションの場合は当てはまらないこともあります。
給湯器の水漏れは、故障の原因によって責任の所在が異なります。そのため、まずは適切な調査を行って責任の所在をはっきりさせることが大切です。

■加害者である場合の対応

もしも給湯器の水漏れでほかの人に迷惑をかけてしまう場合は、まず被害を拡大させないことを念頭におくべきです。さらに、階下の部屋にどういった被害が出ているのかを確認し、管理会社やオーナーや保険会社への早めの連絡も心がけるのがよいでしょう。素人視点においての判断は非常に危険であるのは間違いありません。金銭面の絡んだトラブルに発展するため、必ず専門家に相談するようにしましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れが誰の責任になるのかは、原因によるためケースバイケースといえます。賃貸物件の場合は管理組合やオーナーに責任が問われることもあります。どちらであっても責任の所在をはっきりさせることを検討におくべきです。また、専門家に相談をして適切な対処を行うことも考えるべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ